CONCEPT

“空間の豊かさ”を考えた、建築。

建築を見渡すと、ひとつとして同じものがないことに気づきます。

建築は環境も違えば、建て主の要望や趣向、予算においても千差万別です。

 

ARCHI+ が考える建築は、「空間づくり」。

一番大事なことは”空間の豊かさ”と考えています。

何故なら、空間の豊かさというのは、そのひとのライフスタイルを

変えてしまうような原動力があるからです。

 

そのために、注文者と設計者はコミニュケーションを大事にし、

信頼関係を築くことが基本になると考えます。

双方の信頼関係が構築できて初めて、良い建物が生まれます。

 

特に、「家づくり」においては、「家を買う」ではなく、

「家を築く」ことであり、ハウスメーカーの進め方と全く異なります。

 

「家を築く」ことは多くのひとの関わりで出来ています。

– 注文者である建築主、設計者である建築家、工事する施工会社および多くの職人 –

それらが “ひとつの良いチーム”としてまとまらなければ、良いものは生まれません。

 

建物を造る喜びを共有し、世界に一つだけの理想の “ORIGINAL建築” を

創りたいと願っています。